有島 加花
池袋・中目黒・台場等でフラダンススクールKapuaokalani(カプアオカラニ)を主宰。
6歳よりモダンバレエを始め、その後、踊りの基礎となるクラシックバレエ、ジャズダンス等を習得。
2001年より、フラダンス及びタヒチアンダンスを始める。
2005年、ハワイから招聘されたダンサーによる日本ツアーに、日本人選抜ダンサーとして選出され、10日間にわたる全国ツアーに参加。その後もフラダンサーとして、年間数十回のステージに出演する傍ら、アシスタントとして、運営及び後進の指導にあたる。また、フラコンペティションに参加し、優勝の実績もあり。
2009年より、ハワイ オアフ島カイルアのハラウ(フラスタジオ)、Halau Hula O Pukaikapuaokalaniのクムフラ(フラ師匠)、Darcey Monizに師事。
2011年、日本人として初めて、ハラウを開校する許可を得る。クムフラよりスタジオ名をHalau Hula O Kapuaokalaniと命名され新宿に開校。のちに池袋に移転。
同年、お台場ハワイフェスティバルにて、ハワイアンミュージシャンのライブにソロダンサーとしても出演。以降、毎年連続出演中。観客を魅了するその高い表現力が評価され、その他のイベントにも多数出演している。
 


Hula is my culture
Cultureを英和辞書で引くと「教養、洗練、修養、文化、耕作…」等と書かれています。
私にとってHulaとは、そういう意味ではcultureそのものです。
そもそも、ハワイの人たちにとって、Hulaは、踊って楽しむだけのものではありません。
その昔、文字を持たなかったハワイの人たちにとっては、歴史、神話、様々なことを伝えていく手段でした。今でも、私は、新しいHula Songを踊るとき、その表面上の意味だけではなく、それがどの島のどんな場所の踊りなのか、そして、そこに吹く風、降る雨、咲く花の匂いは?等、色々なことを調べます。
それによって、そこの土地に伝わる歴史、神話を勉強したり、ハワイの美しい自然への感謝が深いものになります。
また、そういうことを学ぶことによって、自分の国である日本の歴史、神話にも興味を持ち、日本の自然の大切さを改めて感じるようにもなりました。
例えば、フラソングで歌われている花々はたくさんありますが、よく、愛おしい人に例えられます。
あまりにも美しい美しいと歌われるので、見ても美しく、匂いもとてもいいものばかりがこんなにハワイにはあるのかと、フラダンスを習いたての頃は思っていました。
確かにそういう花も多いですが、実はほとんど匂いもしない、歩いていたら見過ごしてしまいそうな小さな花々について歌われていることも実は多いのです。
つまり、ハワイの人々は、そういう、小さな花でさえも、とても大切にしているということなのです。幼いころから、雑草の花を可愛いな~っと座り込んで見ていた私にとっては、とても共感できる価値観でした。
降り注ぐ雨にも、時には強く吹く風にも、それぞれに固有名詞をつけたりして、とても大切にリスペクトされています。
そういう昔から大切にされてきたものを、心をこめて踊り、その大切さを伝えていくこと、それが、日本のことも大切にすることにつながること、それが、飽きっぽい私が、どっぷりHulaという世界につかってしまった理由だと思います。
皆様も、ぜひこの世界をのぞきに来てみませんか!